スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAW II 観てきたヨー。 

スルーしようかと思っていた。
しかし、アマンダが再登場ということで、期待はせずに
ショウニー・スミスだけを観にいったのだが・・。
(ブロブの頃から好きなんす)

これは良い。普通の(悪趣味)映画だ!

SAWは、あの反則オチで「はぁそうですか、そうですか」
という印象しか残らなかった。
(ちなみに東京ファンタのみの公開となった
ちょっと「エグイ」版は実はそうでもない)
というか、途中の回想シーンがどうしても怠いという欠点と
「あり得なさすぎ」という欠点を
「あり得ないオチ」でカバーしていたのに対して、
SAW2は、観客に適度なヒントを与えつつ、オチ読み可能になっている。
読みが可能というか、これ絶対解る。

PV出の監督っぽい、鬱陶しく目まぐるしい映像は人を選ぶし、
前回ほどのインパクトがあるかというとそうでも無い。
しかし、これなら万人が観ても、「えー・・」とならずに済むし、一発ネタというわけでもないので、リピートにも耐えうる。

相変わらずの悪趣味な殺人シーンは、ちょっとやり過ぎな所もあるが
オイラは好きなので問題なし。

ただ、部屋に閉じこめられる人数が多すぎる点。
狭い部屋に多人数、そしてトラップという面でよりCUBEに近い印象が残る。だが、殆ど個性を出さずに死んでいく連中は、最初からイラネ。
個性を持たせて感情移入が出来たところで、悪趣味なシーンを入れれば効果バツグンだと思うのだが。

また、明らかに余計な登場人物。
女刑事、機動隊員の男。鬱陶しいだけで要らない。
ジグソウと主人公のやりとりが基本となるのに
殆ど緊張感のある会話は殆ど無いのももったいない。

もっと人物を減らせば、よかったんじゃなかろか。
もっとも、主人公には一切同情できないが。

チャーリー・クロウサーの音楽は相変わらず良い。
ちょっとラスト付近、「Hello Zepp」を使いすぎかなと。
良い曲なんだから、ここ一番で使わないと。

1作目人気にあやかった、後付続編ということを考えると、高レベルだと思う。
スポンサーサイト

コメント

今回は別の日記用ブログからTB発信しました。
なまにくさん の仰るとおり、 「いい意味で普通のホラー映画」 になってると僕も思います。
けっこう気に入りましたよ!

TB有り難うございますー。
はてなの方でもやっていたのですねぃ!
TBって、こうお返しにTBするものなのでしょうか・・(´・ω・`;;

本当に普通に楽しめる映画になっていて
安心したというのが実際の所です。
ここに来て変に奇をてらった一品だされたら
逆にがっかりしていたところですわー。

おはよ~ございます。
実ははてなの方が最初に始めたブログでした。ちょっと使いにくかったので放置してたのですが、最近また復活させたんです。
TBが来たら、お返しでTBする形でいいと思いますよ。コメントも付いたら、コメントも返すという感じで。
なまにくさんも僕も日本未公開マイナーホラーについて書くことが多いので、他の人にTBする機会があまりありませんけど・・・(泣

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://namaniku.blog28.fc2.com/tb.php/8-366327b1

[映画] ソウ2

サスペンスと思わせておいて笑撃のラストで観客を笑いのズンドコに突き落とす。 デヴィッド・フィンチャー監督の 『ゲーム』 と双璧をなす一発芸ムービー。 これは、前作 『SAW ソウ』 を観たときに僕が書いたこと。 でも、これは悪口を言っているのではなく、僕なりの
  • [2005/11/01]
  • URL |
  • ほてなダイアリー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。