スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました 

はてなに引っ越しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://d.hatena.ne.jp/namaniku206/
スポンサーサイト

『The Cave』『地獄の変異』 

cave.jpg


つか、無いわ。これは無い。
去年くらいにチラ見して、ぶん投げたDVD『The Cave』が
『地獄の変異』というハイセンスなタイトルで日本公開されるらしい。
9/30。

『The Descent』の類似品ってオイラは思っていて
実際そんな感じだったわけだが・・。

『The Descent』と違いは、そのアカデミックさ加減。

「あ、こっちの方が冒険っぽいな。胡散臭いけど」

って思ってはいたのだが、公式を見るにつけ、
これは無い。無さ過ぎる。邦題もあんまりだが・・。
ビックリした。まさか川口探検隊でくるとはな・・。

『地獄の変異』公式
http://www.jigoku-movie.jp/

マカロニと香港 

『カニバル・カンフー/燃えよ!食人拳』
20060717120528.jpg

出演: ノーマン・ツイ, エディ・コウ 監督: ツイ・ハーク

1980年にこんな品を造っていたんですねぇ。香港映画っつーのは
一度ウケたら、とことんエスカレートさせたモノを乱発するという
マカロニ方面と似通ったところ(というか、どこもでそうかもしれんが)
があるもんで、よく調べてないがたぶん、食人族が流行ってたからじゃないかなぁっと思われる。

政府役人&盗人vs人食習慣のある村の人々

・無駄に明るい血とともに人がブチブチ解体されて食われる
・無駄に長尺のカンフーシーン

っと、共に好きな人にはたまらない贅沢仕様となっております。
欠点は、どういうわけが「サスペリア」のサントラwitchの乱用がガッカリ
雰囲気に意外としっくりくるんだけど、サスペリアはサスペリアだし。それが残念。

ゾンビ自衛隊 

PDVD_000.jpg
「総理大臣の靖国参拝は当然でしょ?義務ですよ。
国のために戦って死んだ英霊が祀ってあるんだ
~中略~
大体米国の戦争の何処が正義の戦いですか?
~中略~
原爆で30万人もの民間人を殺してる
非戦闘員は130万人ですよ?
黄色の猿は幾ら殺しても構わないと思っていたんで用ね
~中略~
日本もちゃんと軍事力を持てばいいんです
~中略~
特に、ジョージ・A・ロメロは天才だ」

こんな冒頭。サブカル臭プンプンでドン引きな訳です。
ステーシーの友成監督なので致し方ないとは思うのだが
どうよ?この長持ちさせる気のないオープニング。


PDVD_001.jpg

しかも、タイトルは「The Thing」のもろパク。
オマージュとかそんなんじゃねぇ。スペースシャワーTVの
「ドーデガス」の方が100倍いいですよ。
参考リンク:ドーデガス

で、実際中身はどうか?
やる気がないとか、サブカル臭プンプンとか色々言いましたが。これ、結構良い。ミートマーケット等々最近のインディペンデントゾンビもののなかではかなり良い方。

謎のUFO墜落により、樹海の死体が復活。
ペンションの不倫女とその相手、死体回収の自衛隊員、邪魔者を樹海で始末しようと出向いてきたヤクザとチンピラ撮影中のグラビアアイドルとその一行を喰いまくる。

PDVD_002.jpg
PDVD_005.jpg
PDVD_006.jpg

Day of The Dead、ブレインデッド等々から盛大にパクリつつ
突然、話は戦隊物っぽく

「君は、研究所で造られたサイバー自衛隊員なのだ!!」
っと。
奥歯のスイッチを入れれば、刀もってゾンビをばっさばっさと。


PDVD_009.jpg
(おお。ローズ!ローズ!)

PDVD_008.jpg
(それなんて焼きそばのCM?)

PDVD_010.jpg
(腕、もろバレですが憎めない・・・。)
ラスボスの樹海の英霊も退治するのだが・・・・。

あぁ、今回もやっちゃったか。この監督。やっちゃったんだねぇ。

買うまでもないが、週末の夜に見たい。そういう映画。
PDVD_011.jpg

DSDSDS(´・ω・`) 

いい年こいて流行の波にのまれましたよ。
SN320154.jpg

(´・ω・`)

それはさておき、アイドル・ハンズとNotLDのリメイク『死霊創世記』が500円だったのでご購入。
どちらもダビングビデオにて何度となく観ている品なのだが、さすがに500円とあっては買うしかねぇ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。